クレジットカードに求めることは、年会費や特典、利用店舗の幅広さなど、人それぞれありますよね。

その中でも「ステータス」は外せない!という方も多いのではないでしょうか。

ステータスとは身分などを表す言葉で「ステータスのあるクレジットカード」などと表現されることが多いですが、これは、社会的地位が高くプラチナ以上のクレジットカードという意味で用いられているとも言われています。

そんなステータスのあるクレジットカードとしてよく挙げられるのが、アメックスです。

アメックスはある種、ブランド化したカード会社ともいえます。

他社と比較しても・・・

  1. 少々高めな年会費
  2. 世界的に抜群な知名度
  3. アメックスホルダーの社会的地位の高さ
  4. プラチナ以上のカードに関するサービスの詳細が明らかになっていない・・・etc

以上の点などが、アメックスはステータスのあるカードだと印象強くなった理由といえます。

もちろんアメックス以外にもステータスのあるカードはあります。

例えばアメックスと双璧をなすといわれているダイナースクラブカードや、海外での評価も高いTRUST CLUB プラチナ Visaカードなどはかなりステータス性の高いクレカで有名です。

そのため、プラチナ以上のカードを持つ方は様々なカードの知識も豊富で、アメックスだけが社会的地位の高いカードではないと言う方もいますが、知名度が高く憧れを持つ方も多いため、まだまだAMEXも負けていません。

知名度という点では、他社と比べてもアメックスのポイントはかなり高いでしょう。 日本でもダイナースクラブカードよりアメリカン・エキスプレス・カードの方が知名度が高いですからね。

自分の社会的地位を向上していきたい、仕事を頑張っているからプライベートくらいは優越感に浸りたい、そんな満足感にはステータスという点が外せないのかもしれませんね。

AMEXなら必要以上の優越感に浸れること間違いなしです!

アメックスの使用限度額は低めからスタートします

新しくクレカに申込みする際

  • 使用限度額を確認したくてもどこにも明記されていない。。
  • カードが届いて使用限度額を確認したら想像以上に低かった。。

申し込もうと思ったクレジットカードについて、このような印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

一般的にはどのクレカでも、初回に設定される利用限度額は低いものですが、特にアメックスは他社よりも厳しい一面があります

基本的に、アメックスは年収額によってカードの使用限度額を決めます。

目安として「年収額÷12~24=使用限度額」くらいが平均的だと言われています。

ですから、年収額が400万円だと使用限度額は16~33万円程度、ということになります。

もちろん目安ですから、個人差はあります。

初期段階はかなり低めですが、一生低いままという訳ではありません。

ポイントは、カード決済することです。

アメックスのカードを毎月よく利用し、返済が滞ることもないまま数年経過すると、皆さんの印象がアップします。アメックス側の信頼度が高くなれば、使用限度額も少しずつ高くなるのです。

信頼のおける人なら設定額をアップしても良いだろうと判断されることは、皆さんも同じですよね。

カード決済できるものはカード決済にして、支払い能力があることをアピールすることが正しい近道です。

これはアメックスのゴールドカードをお持ちの方がプラチナカードを狙いたい!とお考えの方にも有効な方法です。

やはりこまめにカードを利用すれば、それだけプラチナカードへのインビテーションの確率も上がると思われます。

アメックスは厳しい一面があると言いましたが、このように段階を踏めば使用限度額も上がっていくシステムですから、アメックスらしい厳しい設定も皆さんにとって信頼できるカード会社になるのではないでしょうか。

おすすめの記事