ゴールドカードのなかでも最短で即日発行が可能なクレジットカードといえば、三井住友カード株式会社発行の三井住友VISAゴールドカードです。

ただし即日発行はオンラインでの申し込みに限ります。

「三井住友VISAゴールドカード」はゴールドカードのなかでは最も一般的なカードだといわれていますが、やはりゴールドカードですので年会費は10500円とそれなりにかかりますし、総利用可能額も70万~200万という内容になっています

一般的なカードの場合、18歳以上であることを入会資格にしているところが多いですが、このカードの場合は満30歳以上、継続的に安定した収入があることが条件になっています。

ショッピング手数料については、リボ払いで実質年率15%、三回払い・分割払いで実質年率12%です。

キャッシングについては一回払いで実質年率18%、リボ払いで15%とそれぞれ手数料がかかります。

補償については、海外・国内旅行傷害保険で5000万円まで補償、ショッピングで300万円まで補償という安心できる保険が付帯しています。

関連記事

ページ上部へ戻る